2007年国内IT市場規模は前年比2.7%増の12兆3916億円--IDC Japan

奥山順子 2008年05月07日 17時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは5月7日、2007年国内製品別IT市場動向を発表した。

 発表によると、2007年の国内IT市場規模は前年比2.7%増の12兆3916億円となった。中でもパッケージ活用への流れが加速し、パッケージソフトウェア市場は前年比6.0%と高成長となっている。

 2008年の国内IT市場はセキュリティやコンプライアンスなどのソリューションへのIT投資が市場を牽引し、前年比2.6%増の12兆7098億円と予測している。特にストレージ出荷容量は2012年まで年間平均成長率(CAGR)約60%で拡大し、2012年には2007年の約10倍の3.233エクサバイト(3233ペタバイト)になると予測している。

 同社のITスペンディング/セキュリティ/ユーザー調査/PCsのグループリーダーの和田英穂氏は「これまでとは桁違いに大量なデジタル情報が生成されるDigital Universeの時代に向け、ITベンダーはデジタル情報を効率的に処理する技術の開発と普及に注力することが必須である。このことはグリーンITの観点からも重要である」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?