2007年国内IPコンタクトセンターシステム市場規模は前年比9.6%増--IDC Japan

奥山順子 2008年05月09日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは5月8日、国内IPコンタクトセンターシステム市場予測を発表した。

 発表によると、2007年のプラットフォーム用サーバーやIP電話機などを含む国内IPコンタクトセンターシステム市場規模は前年比9.6%増の385億円だった。さらに2007〜2012年の年間平均成長率(CAGR)は10.2%で、2012年の市場規模は627億円に達すると予測している。

 同社によると、インフラをIPネットワーク化し、ユニファイドコミュニケーション機能を加えたIPコンタクトセンターシステムはオペレーターや管理者の業務効率を向上させ、企業利益を創造する戦略ツールに変化している。これにともない、セグメント別では「アプリケーション」、「サービス」の成長率が高いと予測している。

 同社のコミュニケーションズリサーチマネージャーの眞鍋敬氏は「IPコンタクトセンター市場が高い成長率を維持するためには、ベンダーおよび販売チャネルは、セキュリティ対策としてのオペレーター用端末のシンクライアント化、NGN対応によるIPビデオ系のマルチメディア化、およびIPコンタクトセンターのプロフィットセンター化対応を進めるべきである」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?