マイクロソフトが3件の緊急のセキュリティ情報について事前通知、うち2件はOffice関連

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年05月09日 06時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月8日、Microsoft OfficeとWindowsに関する緊急のセキュリティ情報3件、同社のセキュリティソフトウェアのサービス妨害脆弱性に関する深刻度が警告のセキュリティ情報1件について、事前通知を公表した。

 Microsoftの事前通知によれば、同社は5月13日に予定されている月例パッチで、次の問題を修正するという。

  • 主にMicrosoft Office(Word)に影響のあるリモートからコード実行が可能になる緊急の脆弱性1件と、Publisherのリモートからコード実行が可能になる緊急の脆弱性1件。影響のあるソフトウェアには、Office 2000、Office XP、Office 2003、Office 2007が含まれる。
  • Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003に影響のある、Jetデータベースエンジンの緊急の脆弱性。
  • そして警告のセキュリティ情報は、Windows Live OneCare、Microsoft Antigen、Microsoft Windows Defender、Microsoft Forefront Securityに影響のある、サービス妨害を受ける可能性のある脆弱性に関するものだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?