マイクロソフトが月例パッチでOfficeの不具合を修正、4件の緊急のパッチを公開

2008年05月14日 14時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月13日、OfficeとWindows XPの脆弱性に関する4件の緊急のパッチを公開した。公開したパッチは他のものも含め全部で6件になる。

 以下ではCVEごとに説明していく。

 CVE-2008-1091:MicrosoftはMicrosoft Wordのオブジェクト解析の脆弱性を修正した。影響のあるソフトウェアには、Office 2000、2003、2007が含まれる。Microsoftは次のように説明している。

 Microsoft Office が特別な細工がされた Rich Text Format (.rtf) ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。ユーザーが不正な形式の文字列で特別な細工がされた .rtf ファイルを Word で開いた場合、または不正な形式の文字列で特別な細工がされた .rtf ファイル をリッチテキスト形式の電子メールでプレビュー表示した場合、この脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性があります。攻撃者は、その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、または完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成する可能性があります。

 この問題を報告したのはZero Day Initiativeだ。

 CVE-2008-1434:Microsoftのアップデートでは、WordのCascading Style Sheet(CSS)の脆弱性を修正している。Microsoftは、「Microsoft Word が特別な細工がされた Word ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。この脆弱性は、不正な形式の CSS 値を含む特別な細工がされた Word ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります」と述べている。iDefense Labsに勤務するJun Mao氏がこの脆弱性を発見した。

CVE-2008-0119:MicrosoftはMicrosoft Publisherの脆弱性を修正した。Microsoftは次のように述べている。

 Microsoft Publisher がオブジェクトヘッダーのデータを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。攻撃者は電子メールの添付ファイルとして Publisher ファイルを送信、または悪意のある Web サイトまたは侵害された Web サイトでホストされている特別に細工した Publisher ファイルを開かせ、この脆弱性を悪用する可能性があります。ユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしている場合、影響を受けるコンピュータが攻撃者に完全に制御される可能性があります。

 Fortinet Security ResearchのCocoruder氏がこの脆弱性を発見した。影響があるのはOffice 2000、2003、2007だ。

 CVE-2007-6026:MicrosoftはWindows 2000 Service Pack 4、Windows XP、Windows Server 2003のバッファオーバーランの脆弱性を修正した。Microsoftは次のように述べている。

 これは Microsoft Jet Database Engine (Jet) に存在するバッファ オーバーランの脆弱性で、影響を受けるコンピュータでリモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者は特別な細工がされたデータベースクエリを作成し、影響を受けるコンピュータ上で Jet を使用しているアプリケーションを介して送信することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性があります。

 CERT、ISC/SANS、およびTipping Point DVLabsのAaron Portnoy氏がこの脆弱性を報告している。

 また、Microsoft Live OneCare、Antigen、Windows Defender、Forefrontに影響のある、深刻度が警告の脆弱性2件が修正されている。

 CVE-2008-1437:マイクロソフトは次のように述べている。

 Microsoft Malware Protection Engine が特別に細工されたファイルを処理する方法に、サービス拒否の脆弱性が存在します。攻撃者はサービス拒否が起こる可能性のあるファイルを特別に細工して作成し、標的となるコンピュータがファイルを受け取り、Microsoft Malware Protection Engine がそのファイルをスキャンした場合に、この脆弱性を悪用する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、Microsoft Malware Protection Engine が応答を停止し、Microsoft Malware Protection Engine が自動的に再起動する可能性があります。

 CVE-2008-1438:これも同様の脆弱性だが、次の点が異なる。「攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ディスク領域がなくなり、サービス拒否の状態を引き起こし、自動で再起動する可能性があります」(Microsoft)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR