ブロケード、8Gbpsに対応するFCスイッチ3種などを発表--QoSを搭載

田中好伸(編集部) 2008年05月14日 22時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロケード コミュニケーションズ システムズは5月14日、ストレージをファイバで接続するファイバチャネル(FC)ネットワーク関連製品4種を発表した。

 発表されたのは、ストレージやサーバなどを収容するFCエッジスイッチ「Brocade 300」「Brocade 5100」「Brocade 5300」の3種と、FCホストバスアダプタ(HBA)「Brocade 825」。いずれも従来の2倍となる8Gbpsに対応している。これらの製品は、同社が以前発表していたデータセンター用バックボーンスイッチの「Brocade DCXバックボーン」や電源などを2重化して可用性を高めたFC用の大規模スイッチであるSANダイレクタ「Brocade 48000」を補完する製品という位置付けだ。

 現在、企業内の情報システムにおいて資産利用率を高めるためにサーバの仮想化が主流になりつつあるが、こうした状況では、異なる物理サーバ環境間でデータとアプリケーションをより動的に移動させたいというニーズが高まっている。

 このような“移動型”アプリケーションがシステム間を移動する際には、それらに付随するサービス品質制御(QoS)やフロー制御もアプリケーションと一緒に移動させる必要がある。今回発表されたFCエッジスイッチ3種は、そうしたニーズに対応するためにQoS機能を搭載している。

 8Gbpsに対応する今回のFCエッジスイッチ3種は、同社の1、2、4Gbps対応SANデバイスとの後方互換性を保ちつつも、「シングルドメインで8Gbps 1:1」(ブロケード)の性能で「1、2、4Gbpsなどに落ちることなく、きちんと8Gbpsで返ってくる」(同)ことができるという。また、近年注目されている環境性能でも、消費電力効率を40%向上させていると同社では説明している。

 新FCエッジスイッチが搭載する8Gbpsポートは、Brocade 300で8〜24、Brocade 5100で24〜40、Brocade 5300で48〜80となっている。

 スイッチ3種はブロケードのほか、IBM、サン・マイクロシステムズから出荷がすでに開始、OEMパートナー企業からは2008年第3四半期(5〜7月)に提供が始まる予定となっている。HBAのBrocade 825は6月から提供が開始予定となっている。

Brocade 8Gbpsに対応するFCスイッチ「Brocade 300」(上)と「Brocade 5100」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!