日本オラクル、Web 2.0的機能を強化したSaaS型CRMアプリの提供を開始

CNET Japan Staff 2008年05月20日 15時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは5月20日、SaaS型CRMアプリケーションの最新版「Oracle CRM On Demand Release 15」の提供を開始した。

 「Oracle CRM On Demand」は、営業、マーケティング、フィールドサービスやコールセンターなど、顧客との関係構築と継続に関わる業務を支援するSaaS型のCRMアプリケーション。最新版となるRelease 15では、「Web 2.0」的機能が強化され、ユーザー画面上にインターネット上のコンテンツを表示できるほか、逆に、同アプリケーションの機能の一部をガジェットとしてOSのデスクトップ上に表示するといったことが可能となった。

 また、ユーザー間のコミュニケーションを円滑にするための機能も強化されている。日々の営業活動に関する情報をメンバー全員で共有するための「スティッキーノート」や、リアルタイムにメッセージ交換を行うための「メッセージセンター」が新たに追加された。その他、分析機能も拡充され、事前に定義されたKPIに対する達成度により、個々のユーザーに対して最適な業務を推奨する「ガイドナビゲーション」機能も追加されている。

 Oracle CRM On Demand Release 15の価格は、1ユーザーあたり8750円/月(税別)より。

 日本オラクル、製品戦略統括本部アプリケーションビジネス推進部ディレクターの塚越秀吉氏は、ERPが「企業内の業務最適化」を念頭においたシステムであるのに対し、オラクルのCRMソリューションは社外のステークホルダーも含めた「バリューチェーン全体の最適化」を目指すものであることを説明。Oracle CRM On Demandでは、SaaS形式の強みを生かして年に2〜4回のバージョンアップを継続的に実施しているといい、近日中に、モバイル環境に対応した「BusinessMobile for Oracle CRM On Demand」を発表するほか、特に情報機密に対する要求が高い顧客向けに、グリッド中の専用スペースを割り当てて強固なセキュリティを確保するサービスを日本で提供するかどうかについても検討中という。

Oracle CRM On Demand Release 15 「Oracle CRM On Demand Release 15」でのウリのひとつは「Web 2.0」的機能の強化。この例では、iGoogleのガジェットとして、CRM On Demandのコンポーネントを埋め込んで表示している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR