マイクロソフト、「Hyper-V」RC1日本語版のダウンロード提供を開始

CNET Japan Staff 2008年05月22日 19時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月21日より、同社サイトで「Microsoft Hyper-V Release Candidate 1」(Hyper-V RC1)日本語版のダウンロード提供を開始した。

 Hyper-V RC1はWindows Server 2008に含まれる仮想化技術の出荷候補版にあたり、「Hyper-V RC0」に対するユーザーやパートナー企業各社からのフィードバックに基づく新機能の追加や不具合の修正を行ったもの。

 新たに「Windows 2000 Server」「Windows XP SP3」をエミュレーションモードにおいてゲストOSとしてサポートしたほか、Windows Server 2008のゲストOS統合サービスのインストール簡易化、Linux統合サービスでのマウス統合サポートが行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!