フォトレポート:火星探査機Phoenixからの着陸地点画像

文:ZDNet.com Staff 翻訳校正:編集部 2008年05月26日 16時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。着陸地点は、水分が豊富な永久凍土層で覆われていると考えられている。Phoenixは、ロボットアームで土壌を採取し、生物の化学成分が存在するかをテストする。  Phoenixは、米太平洋夏時間5月25日4時53分に着陸し、ソーラパネルをひろげ、最初の画像を約2時間後に送信した。この疑似カラー画像は、Phoenix着陸地点周辺の画像となる。その他は、Phoenixから送られてきた未加工画像となる。
 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。着陸地点は、水分が豊富な永久凍土層で覆われていると考えられている。Phoenixは、ロボットアームで土壌を採取し、生物の化学成分が存在するかをテストする。

 Phoenixは、米太平洋夏時間5月25日4時53分に着陸し、ソーラパネルをひろげ、最初の画像を約2時間後に送信した。この疑似カラー画像は、Phoenix着陸地点周辺の画像となる。その他は、Phoenixから送られてきた未加工画像となる。

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。着陸地点は、水分が豊富な永久凍土層で覆われていると考えられている。Phoenixは、ロボットアームで土壌を採取し、生物の化学成分が存在するかをテストする。

 Phoenixは、米太平洋夏時間5月25日4時53分に着陸し、ソーラパネルをひろげ、最初の画像を約2時間後に送信した。この疑似カラー画像は、Phoenix着陸地点周辺の画像となる。その他は、Phoenixから送られてきた未加工画像となる。

提供:NASA/JPL-Calech/University of Arizona

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR