セールスフォースのSaaS型アプリがVPNでも利用可能に--NTTグループと連携

藤本京子(編集部) 2008年05月26日 18時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコム、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、日本電信電話(NTT)の3社は5月26日、VPN(バーチャルプライベートネットワーク)やNGN(次世代ネットワーク)を介してセールスフォース・ドットコムのSaaS型アプリケーションを共同で提供することに合意した。

 セールスフォース・ドットコムは、SFAやCRMなどのアプリケーションをSaaS形式で提供し、NTT Comはこれらのサービスを利用するためのインフラを提供する。また、NTTは認証連携技術などを提供する。

 まず、NTT Comとセールスフォース・ドットコムが共同で、「Salesforce over VPN powered by NTT Communications」(Salesforce over VPN)を7月1日より提供開始する。これは、セールスフォース・ドットコムの提供するSaaS型のアプリケーション「Salesforce」を、NTT ComのVPNを介して利用できるものだ。

 NTT Com 代表取締役副社長の野村雅行氏は、「Salesforceはこれまでインターネット経由でしか利用できなかったが、日本国内の企業におけるVPNの普及率は約70%と想定される。Salesforce over VPNを使えば、社内ポリシー上、インターネット経由でSalesforceが利用できなかったユーザーも利用できるようになる」と話す。また、NTT Comが一元保守体制を構築し、Salesforce over VPNのネットワークを常時監視するため、「トラブル時も迅速な対処が可能だ」(野村氏)としている。

 セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長の宇陀栄次氏も、「これまで特に大手ユーザーからは、VPNでSalesforceを利用できないかという声が上がっていた。VPN対応サービスを提供することで、ミッションクリティカルに近い環境でもSaaSが利用でき、より多くの企業がSaaS形式のアプリケーションを利用するようになるだろう」と話す。セールスフォース・ドットコムにとって、このようにVPN対応サービスを特定キャリアと連携して提供するのはワールドワイドでも今回が初めてとなる。

 Salesforce over VPNの利用料金は、初期費用の工事費が1ユーザーにつき2万1000円(税込み)で、月額料金が「Enterprise VPN Edition」の場合で1つのIDにつき1万6800円(税込み)、「Professional VPN Edition」の場合で1つのIDにつき8925円(税込み)となっている。

 9月には、NTTドコモの「iモード」と連携し、携帯電話からVPN経由でSalesforceが利用できるサービスも提供する予定。さらに今後の予定としては、NTTの情報流通プラットフォーム研究所の認証連携関連技術などを活用し、NGN上にてSaaSビジネスを展開するSaaS over NGN構想の一環として、「Salesforce over NGN(仮)」を進めるとしている。

Salesforce+NTT 固い握手を交わすセールスフォース・ドットコム 代表取締役社長 宇陀栄次氏(左)、NTTコミュニケーションズ 代表取締役副社長 野村雅行氏(中央)、日本電信電話 研究企画部門 チーフプロデューサー 端山聡氏(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR