グーグル、「Google Mini」の検索機能を強化

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉 2008年05月28日 10時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月27日、検索アプライアンス「Google Mini」に3つの新機能を追加したほか、サポートする言語も6つ増やして、大幅に機能強化した。

 数年前からエンタープライズ分野で存在感を築き上げてきたGoogleは、「Google Mini」にファイルシステムアクセス制御、ソースバイアシング、日付バイアシングを追加した。

 ファイルシステムアクセス制御では、共有ドライブに保存されているファイルをGoogle Miniにクロールさせ、それを検索結果として承認済みユーザーに表示できる。

 ソースバイアシングは、検索対象となる文書の格納場所や種類に基づき、ユーザーがURLをランク付けできるようにする機能で、これにより、関連性の高い文書を検索結果ページのより上位に表示できる。

 Googleのエンタープライズ製品マネージャーを務めるCyrus Mistry氏は、「Google Enterprise Blog」の投稿で、次のように説明している。「場合によっては、ある特定のサーバーからのファイル群はあまり重要ではなく、検索結果ページの上位を占めない方が望ましいこともある。ソースバイアシングにより、ユーザーはGoogleに対して、URLパターンに応じてバイアスを上げるか下げるかを指示できる」

 一方、日付バイアシングは、作成日のより新しい文書を検索結果ページの上位に表示する機能だ。

 5万〜30万件の文書を検索する能力を提供するGoogle Miniは、対応言語も拡大し、バスク語、カタロニア語、ガリシア語(スペインのガリシア地方の言語)、ギリシア語、ハンガリー語、およびポーランド語を新たに追加した。

 Googleは2007年、「Google Mini 2.2」の提供に合わせ、エンタープライズ向けソフトウェアを拡充している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!