フィリピンでサンが犯した「重い罪」(ZDNet Japanブログより)

若井 直樹 2008年06月02日 16時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリピンでは、CIOやMISマネージャにはコスト・ダウンのプレッシャーがいつもつきまとう。少なくともIT予算のなかでは、PCの買い換え予算とMS Officeのライセンス費がいつもやり玉に挙がる。「Openoffice」を採用する企業も少なくはない。良きにつけ悪しきにつけ、フィリピンではソフトウェアのライセンス費を節約しようという習慣がある。それが高じてこんな間違った選択をして、涙を流す企業も出てきた。

 私が訪問したのは、政府機関の一つと大手製造業だ。彼らが選択したのは、サン・マイクロシステムズ(以下Sun)の「SunRey」を導入したサーバベース・コンピューティングだった。最大の選択理由は。コストだ。対象となるユーザーにWindows版PCを購入しMS Officeのライセンスをユーザー分購入するよりも、SunのサーバとSunRayそれにOpenofficeを採用した方が、コストを抑えられるということだったらしい。……

全文はこちら--「アジアIT通信」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?