仕事を楽しむには心身の健康があってこそ(ZDNet Japanブログより)

前川賢治(ドリーム・アーツ) 2008年06月03日 14時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「身体が資本」とはよく言いますが、本当にそのとおりで、どこかがほんのちょっと不調でも集中力が欠けてしまうし、大きな病気や怪我をすれば仕事もできなくなっちゃう。

 最近では「心の病」も大きな問題になっていて、仕事や対人関係のストレスなどが原因となって、短期あるいは長期で休職する人も増えているとか。

 それでも、僕らサラリーマンには有給休暇や会社によっては休業補償もあるし、仕事は周りのスタッフがカバーしてくれるからまだいいけど、自営や派遣の人たちは即休業につながってしまうので、健康を維持し続けなければならないプレッシャーは大変だろうなぁと思いますね。

 ところで、人間ってのは強いストレスを受けると身体や心にガタがきちゃいますが、逆に仕事が楽しくて楽しくて仕方ない場合は、寝食を忘れて仕事に没頭してしまい、結局は不規則な生活に自ら突入してしまう、なんてことが少なからずある。

 とくにその傾向が強いのがソフトウェアのエンジニア。

全文はこちら--「現場からの「協働革新」」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!