MicrosoftのYahoo買収オファー:訴状から明らかになった新情報

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年06月04日 03時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YahooがMicrosoftによる何100億ドルもの買収オファーを退けたことに対する株主代表訴訟の一環として、米国時間6月2日に裁判所命令により公表された新たな訴状から、いくつかの新情報が明らかになった。そのなかから、以下の通りである:

  • Yahooの従業員補償計画。これは見え透いたポイズンピル(乗っ取り防止策)で、MicrosoftによるYahoo買収の試みを狂わせることを意図したものである。これによりYahooの従業員にとって会社を辞めるより居続けたほうが良いと思わせる魅力が損なわれる――この事実により第3者コンサルティング企業は他のYahoo幹部に対して待ったをかけた。
  • Yahoo幹部は、MicrosoftがYahooにオファーしたその前日に、Googleと提携するというアイディアに反対したばかりであった。(Yahooは後にGoogleとの広告および検索での提携の脅威をMicrosoftの買収提示額を引き上げるために利用した。)
  • Microsoftは2007年1月にYahooを400億ドルで買収しようとした。このオファーもYahooは退けている。

 Microsoft幹部がYahooの全株を取得することにはもはや興味を示していないと言っているのは本当に驚くべきことなのか?Yahooの最高経営責任者(CEO)Jerry Yang氏による先週のD6カンファレンスでの発言は、Microsoftによる買収がもはや提示されていないことを、ほとんど残念に思っているようにも聞こえた。とはいえ現時点では、この1年強の間にMicrosoftとの交渉のなかで何が起こったかについて、Yahooから出てくるどんな言葉も信じていいのかどうかわからない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR