「iPhone 3G」、通話中にデータ通信利用も可能

文:Ben Wilson(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年06月10日 07時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 初代の2.5G iPhoneでは、音声通話サービスがアクティブな時に、EDGEでのデータ通信接続が行えなかったものの、新たに発表された「iPhone 3G」では、通話をしながら、UTMSやHSDPAネットワーク上でのデータ転送も可能となる。これは非常に大きな進歩である。

 Appleは、以下のように発表している。

 iPhoneは、すでにモバイルマルチタスクを提供してきた。しかしながら、3Gテクノロジにより、Wi-Fi接続環境がなくても、より多くの場所でマルチタスクが可能となる。3Gネットワークが、データと音声の同時利用を可能にするため、インターネットを見たり、電子メールをチェックしたり、地図を使ったりしながら、通話することができる。このすべては、3Gの携帯電話ネットワークにより実現する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!