ターボリナックス、クライアント向けLinuxの新版を発表--USBブート、Atomにも対応

CNET Japan Staff 2008年06月10日 20時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは、クライアント向けLinux OSの最新版「Turbolinux Client 2008」を8月8日に発売すると発表した。

 同社によるデスクトップOSのメジャーリリースは、2005年11月に発売された「Turbolinux FUJI」以来となる。これまで、コードネーム“Magny-Cours”として開発されてきたものの製品版にあたり、新規に仏Mandrivaとの共同開発による「Manbo Core」を搭載することで、より安定性の高いデスクトップLinux環境を提供するという。

 また、Turbolinux Client 2008では、製品の販売形態も一新され、「ネットユーザーパッケージ」「フルディスクパッケージ」「オンラインプロダクトパッケージ」の3つのパッケージが用意される。8月8日に発売される「ネットユーザーパッケージ」は、OSの基本機能とメールやウェブブラウザといった基本的なアプリケーションを含む「LiveCD」に、商用アプリケーションのダウンロード権が付属するものとなる。

 LiveCDでは、CD単体でのOSの起動が可能だが、ハードディスクへのOSインストールもできる。インストール後にインターネット経由でダウンロードできる商用アプリケーションには、ジャストシステムの日本語入力システム「ATOK X3 for Linux」、リコーのTrueTypeフォント、サン・マイクロシステムズのオフィスアプリケーション「StarSuite」、Turboメディアプレイヤー、Wizpyコンテンツダウンローダーなどが含まれる。「ネットユーザーパッケージ」の価格は9800円。

 商用アプリケーションもディスクメディアで提供される「フルディスクパッケージ」(予価1万2800円)と、すべてをネット経由で提供する「オンラインプロダクトパッケージ」(予価7800円)については、9月の発売が予定されている。また、Live CDのイメージファイルについては、同社サイトでの無償配布も行う。

クライアント向けTurbolinuxの集大成

 Turbolinux Client 2008ではハードウェア対応も強化されており、ブート用USBの作成やタブレットPCでの利用も可能。また、インテルの省電力プロセッサ「Atom」への対応により、MID(Mobile Internet Device)、UMPC(UMPC)と呼ばれるモバイル機器での利用も快適に行えるとしている。

 企業のクライアント環境向けの機能強化としては、TOMOYO Linuxの搭載によって、セキュリティポリシー管理を可能としている。さらに、個々のユーザー企業の利用環境に合わせたOSのカスタマイズにも応じるという。不具合修正やセキュリティアップデートといったサポートサービスは3年間(2011年8月まで)の基本サポートと4年間の延長サポートを合わせ、7年間を保証する。

 ターボリナックス、代表取締役社長の矢野広一氏は、発表会において「機能的にはクライアント向けTurbolinuxの集大成と言っていい製品」と、新バージョンの完成度に自信を見せた。

 「Turbolinux Client 2008によって、より多くの人にLinuxに触ってもらう機会を作りたい。クライアントからLinuxに触れ、将来的にサーバを抵抗なく利用してもらえれば、ビジネス的にも十分なメリットになる」(矢野氏)とする。

Turbolinux Client 2008 企業のクライアントとしても、コンシューマー用としても必要十分な機能を備える「Turbolinux Client 2008」。LiveCDのイメージは無償で配布される。(写真はパブリックベータ版による)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!