センドメール、情報漏えい防止や監査の機能を強化したメールセキュリティ統合運用管理ソフトの最新版を発売

CNET Japan Staff 2008年06月10日 22時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 センドメールは6月10日、メールセキュリティ統合運用管理ソフトウェアの最新版 「Mailstream Manager 3.0 日本語版」の販売を開始した。

 Mailstream Managerは、メールシステム全体におけるウィルス/スパム対策、情報漏えい防止、誤送信防止やコンプライアンスのためのメールポリシーの設定や実施を一元管理できるソフトウェア。

 最新版では、S/MIMEによるメールの暗号化、復号化およびメール添付書類のパスワード付きZIPファイル圧縮をサーバ側で行う機能、問題のあるメールの処理履歴を記録および管理できる「コンプライアンスインシデント管理」機能が追加された。各処理は設定したポリシーに合わせてサーバ側で自動的に行われるため、利用者側の負担を軽減しつつ、情報漏えい防止やメール監査を効果的に徹底できるという。

 Mailstream Manager 3.0 日本語版の価格はオープンプライス。出荷開始は、Linux版が2008年6月16日、Solaris版が7月21日に予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?