ネオジャパン、顧客対応システム「desknet's CAMS」新版をリリース

田中好伸(編集部) 2008年06月11日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオジャパンは6月11日、顧客対応システム「desknet's CAMS」の新版となるV2.5をリリースしたことを発表した。前版から2年半ぶりのバージョンアップとなる。ウェブサイト上からダウンロードでき、30日間無料で試すことができる。

 2005年2月に販売開始となったdesknet's CAMSは、メールや電話での問い合わせへの対応内容を共有して業務を効率化、蓄積されたデータを活用することで顧客満足度を高めるためのウェブベースの顧客対応システム。同社のグループウェア「desknet's」の技術を応用。保守やサポート、コールセンターなど180の部門に導入されてきている。

 最新版となるV2.5では、メール受信時に自動返信を行い、受信したことを顧客に通知する「メール自動返信」機能を追加している。顧客からメール返信があったときに、そのメールの前回対応者を自動的に担当者として設定する「担当者の自動設定」機能を搭載することで、振り分け作業を軽減している。また、「未対応メールの警告表示」機能で受信からの経過日数を表示するとともに通知メールを関係者に送信することで、対応の漏れを防ぐようにしている。

 セキュリティ・データ関連機能の強化では、メール対応機能とダイレクトメール(DM)発送機能で、好ましくないドメインをアカウント全体、アカウント別に設定する「送信ドメイン設定」機能を搭載している。これは、ブラックリストに指定されているフリーアドレスや携帯電話のドメインなどへの送信を未然に防ぐ、情報漏洩防止機能となっている。また、サーバ容量の節約と負荷を軽減するために「メール一括ダウンロード」機能を搭載。不要になったアカウントのメールデータをまとめてダウンロードすることで、クライアントメールソフトに保存することができる。

 最新版ではまた、顧客情報の参照・選択する際の使いやすさを向上させているという。これまでの「会社名による50音検索」「氏名の50音検索」「キーワード検索」に加えて、顧客種別や業種など任意に“グループ”を作成、関連付けができる「グループ検索」が可能となっている。

 DM作成時には、あて先検索から検索条件の複数指定が可能になっている。顧客ニーズをあらゆる角度で分析、その結果に合うDMを一度に自動配信設定することができ、手間を省けるようになっているとしている。

 動作環境はサーバOSが「Microsoft Windows Server 2003」(SP1以上)となっており、「Microsoft .NET Framework 2.0」が必要。またデータベースとして「Microsoft SQL Server 2005/2005 Express Edition」が必要となっている。価格は、10ユーザーで21万円、50ユーザーで63万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!