MS、「SQL Server」など企業向けソフトウェア製品群のアップデート版を公開へ

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉 2008年06月11日 10時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間6月10日、同社の中核データベースサーバ製品およびそのほかの企業向けソフトウェアのほぼ最終版に近いバージョンを公開すると発表した。

 同社はフロリダ州オーランドで開催中の年次カンファレンス「TechEd」で、「SQL Server 2008」のリリース候補版とあわせて、セキュリティおよびID管理ソフトウェアのテスト版を発表した。

 また、「Microsoft Application Virtualization 4.5」のリリース候補版も2008年6月中のリリースに向けて準備していると、Microsoftは述べた。さらに同社は、サーバ仮想化検証プログラムも発表した。ソフトウェア開発者はこのプログラムにより、「Windows Server 2008」およびそれ以前のOSでコードの動作をテストし、検証できるという。

 Microsoftのシニアバイスプレジデントを務めるBob Muglia氏は、企業のネットワーク上でIDの設定と管理を行うツール「Identity Lifecycle Manager 2」のベータ3を提供開始したと述べた。

 同社はまた、インスタントメッセージングをベースにした悪意あるソフトウェアの防御に役立つツール「Forefront Security for Office Communications Server Beta 1」のベータテスト開始を発表した。2009年前半には、Forefront製品に仮想化のサポートを組み込む計画だ。

 Muglia氏は今回の発表について、これはMicrosoftが現在注力している「Dynamic IT」構想の一部で、企業向け技術を自動化してより柔軟なものにする取り組みだと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから