MSの月例パッチでIE、Bluetooth、DirectXに緊急のセキュリティホールにパッチ

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年06月11日 12時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間6月10日に公開されたMicrosoftの月例パッチではInternet Explorer、WindowsのBluetoothスタック、Microsoft DirectXに影響のある複数の緊急度の高い修正を行っている。

 Microsoftは全部で7件のセキュリティ情報を公開し(うち3件が緊急、3件が重要、1件が警告)、少なくとも10件のWindowsユーザーに影響のある脆弱性について修正を行った。「警告」のセキュリティ情報には、サードパーティ製品「Kill Bit」のActiveXコントロールに関する脆弱性も含まれている。

 3件の緊急のセキュリティ情報は、すべてリモートからのコード実行攻撃に繋がる可能性のあるセキュリティホールを修正するものだ。

 3件のうちもっとも深刻なMS08-031は、Microsoftの主力製品であるIEに関係のある異なる2つの問題をカバーしている(そのうち1つは公に情報開示されている)。影響があるのは、Microsoft Windows 2000 SP4のIE 6 SP1、サポート対象のバージョンのWindows XPのIE 6、サポート対象のバージョンのWindows XPとWindows VistaのIE 7だ。

 Microsoftは次のように警告している。

 Web ベースの攻撃のシナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用を意図した Web ページが含まれる Web サイトをホストする可能性があります。さらに、侵害された Web サイトおよびユーザーが提供したコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする Web サイトには特別に細工されたコンテンツが含まれ、この脆弱性を悪用する可能性があります。しかし、すべての場合において、これらの Web サイトに強制的にユーザーを訪問させることはできません。それに代わり、攻撃者はユーザーを攻撃者の Web サイトに訪問させようとします。一般的には、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタントメッセンジャのメッセージのリンクをクリックさせることにより攻撃者の Web サイトへ誘導します。

 Windowsユーザーは、MS08-033にも注意を払う必要がある。これは、Microsoft DirectXに関する2つの異なる脆弱性を扱うもので、ユーザーが特別に細工されたメディアファイルを開くと、リモートからのコード実行を許してしまう可能性がある。

 DirectXのセキュリティ情報が緊急と評価されているのは、すべてのサポート対象のMicrosoft Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows Server 2008だ。

 3件目の緊急度の高いセキュリティ情報であるMS08-030は、Bluetoothスタックのリモートからのコード実行のバグを修正している。

 Microsoft Windows Bluetooth スタックが大量のサービス説明の要求 (service description request) を正しく処理しないため、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。この脆弱性では、攻撃者が昇格された特権でコードを実行する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるコンピュータを完全に制御する可能性があります。攻撃者は、その後、その後、攻撃者はプログラムをインストール、データの表示、変更、削除、または完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成する可能性があります。

 3件の「重要」のセキュリティ情報はWINS(Windows Internet Name Service)、Active Directoryの実装、PGM(Pragmatic General Multicast)プロトコルのサービス妨害に関する深刻なセキュリティホールに関するものだ。

 「警告」のセキュリティ情報は、MicrosoftとBackWebのActiveXのバグに関するものとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!