ヴイエムウェア、エンタープライズデスクトップ向け仮想化製品を発表

CNET Japan Staff 2008年06月11日 20時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは6月11日、エンタープライズ デスクトップ向け仮想化製品「VMware Virtual Desktop Manager 2.1」を発表した。最新版は、日本語やドイツ語にも対応している。

 Virtual Desktop Manager 2.1では、クラスタあたり最大5000までの同時接続が可能だ。複数のクラスタを使用することで、万単位のデスクトップに接続ができる。また、Virtual Desktop Managerでは、何百台ものデスクトップ仮想マシンをひとつのストレージプール内に作ることができる。新しいトランザクションログ機能により、管理性も向上している。

 2.1はまた、エンドユーザーの利用環境を改善するために、Windows XPデスクトップに向けたマルチメディアリダイレクション機能を備えている。

 VMware Virtual Desktop Manager 2.1は、7月1日よりパートナーを通じて出荷開始の予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!