MS、企業向けソーシャルネットーワーク「TownSquare」を開発中

文:Rafe Needleman(Webware.com) 翻訳校正:湯木進吾 2008年06月12日 06時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間6月12日に企業ユーザーの顧客向けの新たなソーシャルネットワーク「TownSquare」を発表する予定であるという。ComputerWorldが報じている。

 TownSquareは、Microsoftが2億4000万ドルを投資してきた「Facebook」のインターフェースと似通っているようだ。ユーザーは、他のユーザーの活動状況をフィードで確認したり、写真をアップロードして閲覧したり、互いにチームとしてコネクションを築いていったりすることができる。同記事によると、すでに2008年1月より、TownSquareはMicrosoft社内で使用されてきたという。

 さらにTownSquareでは、ウェブからのニュースフィードや、「SharePoint」グループウェアプラットフォームからのワークフロー情報を読み取ることもできる、とComputerworldは述べる。

 Microsoftは、2006年に同社からスピンオフしたソーシャルネットワーク「Wallop」を試験的に運用している。Wallopは最近になって、そのほかのより大規模なソーシャルプラットフォーム向けに、新たなソーシャルアプリケーションを開発する存在へと、位置づけを変更している。Microsoft Researchで試験的に進められている、そのほかのソーシャルプラットフォームの開発状況については、ここから参照できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR