ネットアップ、中規模ストレージの新製品とHPC向けアプライアンスおよびオプション製品群を発表

CNET Japan Staff 2008年06月17日 15時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットアップは6月17日、ミッドレンジストレージの新製品「FAS3100シリーズ」およびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)分野向けのデータ処理高速化製品群「Storage Acceleration Appliance」「Performance Acceleration Module」をそれぞれ発表した。

 FAS3100シリーズは、従来の「FAS3000シリーズ」の後継となる製品。ストレージ容量が最大420Tバイトの「FAS3140」と最大840Tバイトの「FAS3170」の2機種から構成される。従来のミッドレンジ製品と同等の価格帯で、ストレージの最大容量を1.5倍以上に拡大し、データ処理性能などの基本性能を向上させている。また、コントローラ用のメモリを最大2倍に、I/O拡張ポートも最大8ポートに増強した。同社のストレージ専用OS「Data ONTAP」を搭載し、従来製品との互換性も備える。

 価格は、FAS3140が1861万2000円、FAS3170が3146万9000円(いずれも税別、最小構成の場合)。

 HPC分野向けデータ処理高速化製品の「Storage Acceleration Appliance」は、同社の「FlexCache」技術を基盤としたNFS専用のキャッシュアプライアンス製品。FASシリーズと組み合わせて利用することにより、多拠点でデータを共有する環境などでレスポンスタイムの向上やストレージ負荷の低減を図れるという。

 Storage Acceleration Applianceは、必要なパフォーマンス要件に応じた「SA200」(最大容量104Tバイト、2Gバイトメモリ)、「SA300」(最大容量504Tバイト、8Gバイトメモリ)、「SA600」(最大容量1176Tバイト、32Gバイトメモリ)の3機種で構成される。価格は、SA200が346万8000円、SA300が2102万2000円、SA600が2957万4000円(いずれも税別、最小構成の場合)。いずれも6月17日より提供が開始されている。

 オプション製品となる「Performance Acceleration Module」は、16Gバイトメモリを搭載したデータキャッシングモジュール。FASシリーズおよびStorage Acceleration ApplianceのI/O拡張スロットに挿入して使用することにより、ランダムなトランザクション処理が中心となる環境で、リード/ライトタイムの遅延を最小限に抑えることができる。ディスクドライブからの直接の読み込みと比較し、データ読み取り時間をおよそ10分の1程度に削減できるという。提供開始は2008年8月の予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!