Silverlight 1.0は「Firefox 3」で不具合生じる

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年06月18日 02時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まずは、悪い知らせから:「Firefox 3」は「Silverlight 1.0」のインストレーションでいくつか不具合を引き起こす。そして朗報は:Microsoftが6月に入りリリースした「Silverlight 2」のBeta 2バージョンはFirefox 3で問題なく機能している。

 MicrosoftのブロガーであるNigel Parker氏はSilverlight 1.0とFirefox 3の問題を米国時間6月17日のブログ記事で説明していた:

 「Firefox 3は、objectが呼び出され、ロードされ、検出されるような影響を与える競合条件を有している

 「これが意味することは、来たるFirefox 3リリースでは、オリジナルの「Silverlight 1.0 SDK Silverlight.js」検出ファイルが使用されたウェブサイトでは、Silverlight 1.0インストレーション体験の一部が中断されるということだ。

 「「Silverlight 2 SDK(Software Development Kit)」はアップデートされたSilverlight.js1ファイルを備え、Silverlightの全バージョンについてこの問題を解決するだけでなく、以前に新規インストールの際に必要とされたブラウザの再起動も排除した。」

 Firefox 3は本日6月17日からダウンロードできるようになった。

 SilverlightはAdobeの 「Flash」「Flex」「Shockwave」その他の類似技術に代替するMicrosoft製品である。リッチなインターネットアプリケーションを提供し、「Internet Explorer」「Firefox」「Safari」などの多様なブラウザで動作するために設計されたプラグインである。

 Microsoftは今年夏終わりまでにSilverlight 2の最終バージョンをリリースする見込みである。

 (Parker氏のブログ記事を指摘してくれたWinbetaに感謝する。)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR