Linux Foundation、Linuxカーネル向けのオープンソースドライバ充実を訴え

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年06月24日 07時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Linuxユーザー、企業、Linuxコミュニティー全体にとって有害な影響が及んでいることを繰り返し憂慮しつつ」、Linux Foundationは米国時間6月23日、Linuxカーネル向けのオープンソースモジュールおよびオープンソースドライバの必要性を訴える活動を開始した。

 オープンでないモジュールは、Linux開発モデルのオープン性、安定性、柔軟性、保全性のすべてを否定する存在であり、Linuxコミュニティーが有する専門知識から、ユーザーを遠ざけてしまうものである。

 Jim Zemlin氏が率いるLinux Foundationは、Linuxカーネルの開発者を擁護する声明を出した。これまで何年もの間、この件に関してLinuxの開発者は質問攻撃を浴びせられてきたことが明らかにされているものの、こうした声明を、なぜLinux Foundationが今になって出すようになったのかは定かでない。Linuxの開発者が、この問題でうんざりしているのは明らかである。

 ここまでの道のりは長かった。筆者は2002年に、Linux向けのオープンでないデバイスドライバの問題について指摘(PDFファイル)したことがある。オープンソースカーネルに、プロプライエタリなデバイスドライバを組み合わせる考え方は、当時から決して受け入れられないものでもあったが、これこそがLinuxに好んで関わる人を生む独特の要因ともなっていた。ハードウェアメーカーの中には、競争的優位性を保つため、デバイスドライバをオープンにすることはできないと強く主張しているところもある。

 こうした状況ではあるものの、Linuxカーネルの開発者からの声明が、大きな変化をもたらすことはなさそうである。だが、少なくとも、影響力のあるコミュニティーの要望を広く知らせる役割は果たせそうだ。果たしてハードウェアメーカーは、これに耳を傾けるのであろうか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!