マイクロソフト、「Office 2004 for Mac」向けにOpen XML対応コンバータをリリース

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年06月25日 07時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間6月24日、「Office 2004 for Mac」で、「Office 2007 for Windows」の新しいOpen XMLファイルフォーマットを読み込めるようにする、ファイルフォーマットコンバータのリリースを発表した。このコンバータは、当初はOffice 2007の発表後すぐに提供が予定されていたものの、度重なる延期で遅れが生じていた。

 こうした遅れにより、コンバータの提供前に、新たなフォーマットのサポートが含まれた「Office 2008 for Mac」が発売されることとなった。当然ながら、Microsoftにとっては、Officeの新バージョンを販売するほうが、古い製品で互換性を広げるよりも売り上げが増すことになり、今回の件も、おそらくは計画の一環であったのかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから