「企業秘密を盗まれた」--ベンチャー企業がグーグルを提訴

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月25日 18時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小規模ソフトウェア開発企業のLimitNoneは、Googleを相手取って訴訟を起こし、約10億ドルの損害賠償支払いを要求している。LimitNoneは、Googleが契約に違反してオンラインサービス「Google Apps」において、企業秘密を不正に利用したと主張している。

 具体的には、この訴訟はLimitNoneのソフトウェア「gMove」に関するもの。同ソフトウェアを利用することで、ユーザーは「Microsoft Outlook」に格納している電子メール、アドレス帳、カレンダー情報をGoogle Appsに移行できる。訴状によると、Googleは当初、LimitNoneに対し競合する製品を提供しないという約束の下、製品開発やプロモーション、販売を支援したが、その後方針を転換し、Google Appsのプレミアム顧客にgMoveと競合する「Google E-mail Uploader」の提供を開始したという。

 イリノイ州クック郡巡回裁判所に米国時間6月23日に提出された書類には、「gMoveは1コピーあたり19ドルで販売されている。その一方でGoogleはこの手のソフトウェアの潜在ユーザーは5000万人いると予測していた。Googleが競合製品をGoogle Appsプレミアム版の一部として無料提供したことにより、LimitNoneは、金額にして9億5000万ドルのビジネスチャンスを奪われた」と書かれている。

 Googleにコメントを求めたが、現時点では回答は得られていない。

 書類によると、LimitNoneは、機密技術情報と詳細な売り上げ予測情報をGoogleと共有していたという。

 「Googleの知識とgMoveの企業秘密情報や機密情報の利用なしには、GoogleはMicrosoft OutlookからGmailへの移行に関わる長年の問題を解決できなかった。最低でも、gMoveの社内作業にアクセスできたことで、競合アプリケーションを開発するにあたっての設計作業を大幅に短縮できたはずだ」と書類には書かれている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?