マイクロソフト、まもなく仮想化技術「Hyper-V」の正式版をリリース

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年06月26日 07時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは今週、単一のサーバを複数の別個のサーバとして仮想化できる「Hyper-V」の開発完了を発表する予定である。

 ZDNetのMary Jo Foley氏は米国時間6月24日、MicrosoftがHyper-Vの正式リリースを26日にアナウンスする計画であることを明らかにした。

 これによりMicrosoftは、2月にリリースされた「Windows Server 2008」の発売後180日以内に、Hyper-Vをリリースするという当初の約束を果たすことになる。Microsoftは3月、正式版に近い「リリース候補」版の提供を開始していた。

 しかしながら、この目標を達成するために、Microsoftは2007年中に、「Live Migration」など、一部の仮想化機能の搭載を見送る決定を余儀なくされた。

 Hyper-Vは、この業界でトップを走るVMwareの製品をはじめとする、数々の仮想化技術に対抗するものとなる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!