オラクル、堅調な3-5月期決算を発表--27%の増益

文:Jonathan Skillings(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月26日 10時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleが第4四半期決算を発表した。ソフトウェアライセンスが堅調な売り上げの増加を後押しした。

 Oracleは、2008年第4四半期決算(3-5月期)で、前年同期から24%の増加となる72億4000万ドルの売り上げを計上した。同四半期中の、新規ソフトウェアライセンスの売り上げは27%増加し、31億4000万ドル。ソフトウェアライセンスの更新および製品サポートの売り上げは、25%増の28億3000万ドルとなった。

 サービスの売り上げもライセンス売り上げほどではないが増加した。サービスの売り上げは18%増の12億6000万ドルとなった。

 一方、第4四半期の純利益は、前年同期比27%増の20億4000万ドル(希薄後の1株あたり利益は39セント)となったと発表した。

 Oracleは、BEA Systemsの買収を4月に完了している。

 また5月には、Forbesが、Oracle最高経営責任者(CEO)であるLarry Ellison氏がテクノロジ分野で最も多く報酬を受け取っている幹部として報じた。同氏の2007年の報酬は合計で1億9290万ドル相当だった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!