北京オリンピック向けの無料Wi-Fiサービスのテスト始まる

文:Graham Webster(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月26日 12時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北京の主要エリアをWi-Fiネットワークで網羅する「Beijing Wicity」プロジェクトが進行中である。同プロジェクトのサービスは、北京オリンピックが開催される現地時間8月8日〜28日以降も無料で提供されると考えられているものの、未だにそのサービスを利用できないエリアが残っている。

 WiiCityと混同されるべきではないWicity(WiiCityというものは存在しないが、あればとても楽しい場所だろう)は、Danweiによると、Chinacommが進めているプロジェクトである。本記事を執筆している6月25日は、テスト期間の初日であった。

 北京の中央商務区(CBD)のオフィスで働く人々によると、ネットワークの存在は確認できるものの、接続することができないという。筆者は今、三里屯のカフェでこの原稿を書いているが、MacBookでもHTC Touchでもネットワークの存在を確認することができない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!