まだ見ぬ「iPhone 3G」、製造コストは173ドル--iSuppliが推定

文:Adrian Kingsley-Hughes(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月26日 14時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iSuppliがまだ見ぬ「iPhone 3G」の中身を推定、試算したところ、新端末は、従来のiPhone(8Gバイトモデル)に比べて、23%安く製造されていることが分かった。

 iSuppliの推算によると、従来版のiPhoneを製造するには226ドルかかっていたという。しかし、部品の価格が低下したため、iPhone 3Gの8Gバイトモデルは173ドルで製造できるという。

 AT&Tと結んだ新しい契約の下では、Appleは今後、AT&Tのサービス利用料の一部を受け取れないことになっている。そのため、Appleにとって製造コストが53ドル圧縮できたのは嬉しいに違いない(iSuppliの推定では、AT&TはiPhone1台につき、Appleに約300ドルの端末補助金を支払うという)。

 (ハードウェアの構成が変わらないとすれば)iPhone 3Gの製造コストは時が経つにつれて下がるだろう。2009年には費用が1台につき149ドル、2012年には126ドルにまで低下するだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!