ドリーム・アーツ、文書管理、フォーム開発、ワークフロー機能を包含するウェブデータベース製品を発売

CNET Japan Staff 2008年06月26日 17時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドリーム・アーツは6月25日、エンタープライズ向けウェブデータベース「ひびきスマートDB」の単体販売を開始した。

 ひびきスマートDBは、これまで同社のポータル型グループウェア基盤「INSUITE Enterprise」上で動作していた製品で、利用には別途INSUITEのライセンスが必要だった。今回、独自のユーザーインタフェースとユーザー管理機能を付加し、単体での利用が可能な形で再パッケージ化したという。

 ひびきスマートDBには、ユーザー情報と連携したアクセスコントロールが可能な文書管理機能、ブラウザ上のGUIで容易にフォーム設計が行えるウェブデータベース機能、決裁システムなどの構築が可能なワークフロー機能などが包含されており、ユーザーはこれらの機能をカスタマイズを行いながら利用し、業務の効率を上げることが可能になるという。

 ブラウザベースの柔軟なフォーム設計機能は、同製品の特長のひとつだ。テンプレートをベースに、フォームに必要な部品をドロップダウンリスト選択によって追加できるほか、レイアウト変更は、ドラッグアンドドロップによる操作で即座に反映される。また、ワークフローの定義も同様にGUIベースで行える。現場主導でのシステム改善、プロセス改善が迅速に行えるよう考慮された機能であるという。ワークフローやデータベースの設計書出力、およびログ管理機能により、担当者の引き継ぎや内部統制への対応も容易とする。

 ドリーム・アーツでは、ひびきスマートDBにより、従来Lotus NotesやMicrosoft Office Excel、Accessなどで行ってきた業務の、ウェブ環境への移行をサポートできるとする。この製品の部門導入を皮切りに、全社導入、ポータル製品であるINSUITE Enterpriseへのスケールアップなどへつなげる戦略的な主力製品と位置づけたい考えだ。

 ひびきスマートDBのライセンス価格は、ユーザー数およびバインダ数(データベース数)に依存する。スタートライセンスパックの価格は、50ユーザー/25バインダ版が60万円より、100ユーザー25バインダ版が90万円より(いずれも税別)。追加ライセンスは、ユーザー数、利用バインダ数別に別途用意されている。

ひびきスマートDB 「ひびきスマートDB」では、フォーム開発に加えてワークフローの定義もブラウザ上のGUIで行える。設計書の出力も可能で、引き継ぎ時の資料や内部統制を目的とした文書の作成にも活用できる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!