SAPジャパンと中小企業基盤整備機構、中小企業のIT化や内部統制への対応推進で業務協力

CNET Japan Staff 2008年06月27日 17時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンと独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)は6月26日、中小企業のIT化促進、IT経営革新への支援、IT化による内部統制への対応支援などを目的とした業務協力に関する合意書を締結した。

 この業務協力は、2008年4月より施行された金融商品取引法(J-SOX法)などを発端に、大規模企業を中心とした内部統制強化と、その遂行のためのERPパッケージの導入が進んでいる点を考慮し、「今後は中小企業分野においても対外的な統制対応のみならず、自らの内部統制の確保、ITへの積極的な対応が必須」という判断から、中小機構とSAPジャパンの両社で進められるもの。

 具体的な合意内容は、「中小企業向けイベントの共同企画立案および実施」「中小機構開催のイベント、セミナーへのSAPの参加協力」「SAPやそのパートナーの主催する中小企業向けイベント、セミナーの告知についての中小機構の協力」の主に3点。その他についても両者の合意のもと、協力して事業を実施する計画という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?