マイクロソフト、Officeの新バンドル「Equipt」を7月中旬より提供

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年07月03日 04時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは新しいOfficeベースのソフトウェアとサービスのバンドル製品を新たに「Equipt」と命名し、提供予定日(7月半ば)を定めたことを、同社関係者が米国時間7月2日に明らかにした。

 Equiptは以前にコード名を「Albany」とされていた製品とサービスである(またMicrosoft内部では「ValueBox」として知られていた)。Microsoftが「消費者のためのソフトウェアとサービス」であると説明するEquiptには、Office「Home and Student 2007」バージョン、MicrosoftのPC管理およびセキュリティのバンドル製品である「Windows Live OneCare」、Windows Liveコミュニケーションおよびコラボレーションサービスのいくつか、そしてMicrosoftのOfficeのオンラインコラボレーションアドオンである「Office Live Workspace」が含まれている。

 Equiptの価格は年間69.99ドルである(ユーザー1人が自宅で3台のPCにインストールすることが認められているライセンス)。本年中いつでも、もしMicrosoftがEquiptのコンポーネントでアップデートを導入すれば、加入者はそれを無料で自動的に有料サブスクリプションの一部として受け取る資格が与えられる。

 Equiptは7月15日近辺からCircuit Cityの小売チェーンでのみ販売されるが、Microsoftは米国内外でEquiptの販売チャンネルをさらに追加することを検討していると、Officeのグループプロダクトマネージャーを務めるBryson Gordon氏は述べた。Gordon氏によるとMicrosoftは今後1年間でほかの小売パートナーや、Equiptバンドルをプリインストールすることに関心があるPCメーカー、またはほかに「Microsoftから直接入手できる」販路を追加することを検討しているという。

 「これを消費者がOfficeを体験できる新たな方法とみている」とGordon氏は述べた。そして消費者をOfficeの生産性フォーカスと現行のライセンシングや配布モデルに導くものとなるという。

 Microsoftが「Office Home and Student」や「Windows Live OneCare」あるいはEquiptがバンドルする他要素の単独バージョンを中止する予定はないことをGordon氏は強調した。同社はまた、ローエンドの「Microsoft Works」スイートも提供し続けるという。またMicrosoftは現在、広告でサポートされたWorksの無償バージョンを特定のPCにプリロードするテストを進めているが、同スイートの有償バージョンも販売し続けるという。

 Microsoftは2008年3月よりAlbanyのテスターの登録を開始した。テスターはEquiptバンドルを4月から体験している。

 以前にも述べたとおり、MicrosoftはEquipt/Albanyを「Google Docs」の対抗製品としては(少なくとも公には)位置づけていない。しかし筆者にとっては、このバンドルは間違いなくGoogle Docsに注目している主要顧客層――つまり学生やホームオフィスのタイプ――を対象にしているようにみえる。Google Docsと違い、EquiptはOfficeスイートのPCベースのバージョンとセキュリティサービスも提供する。しかしGoogle DocsはEquiptと違ってタダである…。

 Equiptは消費者にアピールするか?潜在的Google Docsユーザーを吸い上げることができるだろうか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR