チェプロ、建設業向け統合ERPシステムの新製品を発売--ウェブアプリとC/Sアプリの長所を併せ持つ独自技術を搭載

CNET Japan Staff 2008年07月07日 20時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チェプロは7月7日、建設業向け統合ERPシステムの新製品「建設WAO」を発売した。

 建設WAOは、営業管理、見積積算、原価管理、工事管理といった建設業向けの各機能を統合したERPシステム。それぞれのシステムで利用するデータは、1つのデータベース上で一元管理され、各システム間での緊密なデータ連動が可能な点が特長となる。地域、部門、案件種類別といった観点でのデータ分析が可能なほか、各工事案件の詳細内容を「ヒト」「モノ」「カネ」などの切り口でドリルダウンして追跡することができる。

 また、建設WAOでは、.NET Frameworkをベースに開発した「WAOテクノロジー」と呼ばれる同社独自のアーキテクチャを採用している。チェプロ、代表取締役社長の福田玲二氏は、WAOテクノロジーについて、通信路にインターネットを利用したウェブシステムの管理の容易さと、一般的なクライアント/サーバシステムの操作性、信頼性、レスポンスの高さを両立させるものと説明する。

 クライアント側には、ユーザーインターフェースを構成するモジュールの一部を保存し、フロントエンドとしてウェブブラウザは利用しない。各フォームの情報や入力されたデータもローカルに持たず、画面項目単位で通信を行い、サーバ側からリアルタイムにデータを取得して表示する。そのため、従来のブラウザを利用したウェブアプリケーションで問題となる、煩雑な画面制御によるオーバーヘッドやデータ落ちが発生しないという。福田氏によれば、先行導入のユーザーの中には、従来のウェブアプリケーションと比較して「10倍以上の速度を体感している例もある」とする。

 また、このWAOテクノロジーを用いると、Visual BasicやVisual C++などで構築された既存のWindows用クライアント/サーバアプリケーションを、容易に「ウェブ対応」させることが可能といい、将来的には、パッケージベンダーへのWAOテクノロジーの提供なども視野に入れているという。

 「建設WAO」の動作環境は、クライアント側がWindows XP SP1以降およびVista。サーバ側が、Windows Server 2003 SP1および2003 R2(2008対応予定)。価格は、営業管理が75万円より。見積生産が62万5000円より。原価管理が150万円より。工事管理が100万円より。いずれも5ユーザーからの価格となっている。

建設WAO チェプロの「建設WAO」のクライアント画面。ユーザーインターフェースにはウェブブラウザを利用せず、独自の技術でサーバ側とリアルタイムにデータをやり取りする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?