金融サービスの向上を促す「金融民主主義」とは(ZDNet Japanブログより)

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2008年07月08日 19時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国におけるP2Pレンディングの効率性を証明する論文が提出されたという。University of DelawareとRice Universityの共同研究である。

 論文において、借り手は金利面で金融機関から借りるよりも有利であることが確認されたとしているが、これはもともとProsperに代表されるP2Pレンディングサービスが訴求していたポイントである。面白いのは、それに加え、貸し手の融資判断において、人種や性別の影響をより受けにくいという調査結果が出ていることだ。

全文はこちら--「エンタープライズニュースの読み方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR