「iPhone 3G」レビュー:記者たちの評価は上々

文:Tom Krazit(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年07月10日 13時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最初の「iPhone 3G」のレビューが発表されているが、この1カ月間のニュースを注意して見聞きしていれば、驚くことはないだろう。

 All Things DigitalのWalt Mossberg氏、The New York Times紙のDavid Pogue氏、USA Today紙のEdward Baig氏といった選ばれた人たちが、7月11日の発売を前にiPhone 3Gのレビューを行った。高速ネットワーク、GPS、サードパーティー製アプリケーションを除いて、iPhone 3Gは基本的には初代iPhoneと同じであることがすでに判明しているため、2008年は2007年ほどレビューに関する懸念はなかった。

 それでも、いくつかの興味深い詳細が明らかになった。Mossberg氏はバッテリ寿命にあまり満足していないようだ。「わたしのテストでは、消費電力の多い3Gネットワークのため、iPhone 3Gのバッテリは、一般的な1日の使用で、初代iPhoneのバッテリよりもずっと急速に減っていった。日常の使用で、同じ日の午後早く、あるいは中ごろには、新しい3Gモデルのバッテリインジケータは20%を切り、1日で完全になくなった」とMossberg氏は書いている。

 Pogue氏はバッテリ寿命には触れていないが、Baig氏はiPhone 3Gの消費電力は初代とあまり変わらないと考えている。「忙しく働いた1日の終わりが近づくにつれて、バッテリ不足の警告が表示され始めた。初代iPhoneと同様、夜間に充電を行った」

 iPhone 3Gに追加された大きな機能の1つはGPSだが、Pogue氏によれば、Appleは、アンテナが小さすぎて、ナビゲーションなどの便利な使い方はできないと述べている。一方、Baig氏はそれほど悪くないと考えている。「運転しながら、近所のピザ屋を検索し、ルート案内を求めたところ、正確でとても驚いた」

 細かい点を挙げれば、タッチスクリーンキーボードは万人向きではない、開始価格は値下がりしたが、iPhoneの使用料金は値上がりしている、音声ダイヤル、MMSなどの機能が搭載されていないといった問題が残されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR