カスペルスキー会長が語る:ロシア市場、IPO、企業買収、業界再編

冨田秀継(編集部) 2008年07月10日 22時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT企業による大型IPOのニュースがめっきり減った昨今、ロシアが元気だ。

 検索サイトを運営するYandexはYahooの元幹部を招聘し、ネット企業の屋台骨となる研究開発部門を充実させた。年内の米株式市場への上場を視野に入れての増強だ。comScoreの調査によると、Yandexはロシアの検索市場において1位。Googleを超えるシェアを保有している。ポータルサイトとしても国内外の競合を抑えて1位を獲得している。

 ロシア第2位のポータルサイトのmail.ruも年内にはロンドンで上場するべく、準備を進めている。

 どこの国もまずはネット企業が人気を集めるようだが、ロシアのIT企業にはセキュリティベンダーとして日本でも著名なKaspersky Labがある。

 Kaspersky Labは、現CEOのEugene Kaspersky氏、現会長のNatalya Kaspersky氏らが立ち上げたセキュリティ企業。現在までプライベートカンパニーとして運営されているが、昨年8月、IPOに向けた組織改編を実施した。

 ロシアのIT市場やKaspersky Labの事業戦略について、同社会長のNatalya Kaspersky氏に話を聞いた。なお、同氏はDLP(情報漏えい対策)製品を手がけるInfoWatchのCEOも兼務している。

Kaspersky Lab会長でInfoWatchのCEOを務めるNatalya Kaspersky氏 Kaspersky Lab会長でInfoWatchのCEOを務めるNatalya Kaspersky氏

Yandexやmail.ruはIPOに向けて着々と準備を進めている。外からはロシアのIT市場が加熱しているように見えるが、市場をどう見ているか?

 IT市場のプレイヤーをインターネット企業とソフトウェア企業の二つに分けて考えてみたい。

 まずはじめに、ロシアのインターネット関連市場はとても加熱している。インターネットはもはやファッションの世界だ。昨年、Yandexは上場する考えを公に示したが、彼らのIPOが成功するかどうかは正直分からない。ただ、現時点において、Yandexには上場するだけの能力があると考えている。このタイプの企業は、ロシアで大きく成功できる位置にあると言えるだろう。

 一方のソフトウェア企業はロシアにそれほど多くはなく、またロシア国外に展開している企業はもっと少ない。そのため、市場はロシアのソフトウェア企業を二つの点で判断している。

 その第1点が経済的な要因だ。ロシア経済はこの点において非常に優秀で、2007年度のGDP成長率が7%と非常に大きな数字をたたき出している。これが、ロシア経済が優良であり、経済がロシア企業への投資を妨げるものではないと言える要因だ。

 第2点は市場に大量の資金が流れ込んでいることだ。今ではロシアに多くの銀行、多国籍企業が進出しており、これらがロシア市場で多くの投資を行っている。90年代後半は資金の獲得に難航していたロシア市場が、現在は豊富な資金を有しているのだ。

 以上の点から、ロシアのIT市場は急発展しており、最高に良い時を迎えていると言える。ネット企業にとっては特にそうだろう。

投資家やIT業界の関係者は、Kaspersky Labがいつ上場するのか、どこに上場するのかに注目している。今年になるのか、来年になるのか……。昨年8月にIPOに向けて経営体制を整えたが、その後の進捗はどうなっているのか?

 来年も今年も、現時点においては「ない」としか言えない。

 と言うのも、取締役会や株主総会において、IPOに関する意志決定を一つも行っていないからだ。我々の株主は上場したがっているが、今はまだあなたに良いニュースを伝えることができないのが現状だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR