アップル、iPhoneにリモコン機能を追加するアプリケーションをApp Storeで配布

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一 2008年07月11日 11時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 予想されていた通り、「iPhone」や「iPod Touch」を使って「iTunes」のライブラリや「Apple TV」を遠隔操作できるようになった。

 この機能は、米国時間7月10日にオープンしたiPhone/iPod Touch向けのアプリケーション配布サービス「App Store」からソフトウェアをダウンロードして利用できる。無料配布されるアプリケーションのサイズは1Mバイトで、インストールするとiPod TouchもしくはiPhoneでWi-Fi接続が可能になり、iTunesのライブラリを遠隔操作、検索したり、Apple TVや「AirTunes」スピーカーを操作したりできる。

 同様の機能を備えたリモコンはAppleの新製品の大半にすでに付属しているが、iPhoneから操作できれば持ち替える必要がなくて便利だ。もちろんiPhoneを所有していればの話だが。

画像の説明
新しいアプリケーションで、あなたのiPhone/iPod Touchがリモコンに変わる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR