アップル、「iPhone 2.0」および「iPod Touch 2.0」ソフトウェアアップデートを発表

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月14日 10時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間7月11日、Appleは「iPhone 2.0」および「iPod touch 2.0」ソフトウェアアップデートを発表した。これには「Safari」や「Webkit」のセキュリティフィックスなども含まれる。このたびの「APPLE-SA-2008-07-11」は、iTunes経由でのみ提供される。

 このアップデートは、マシン上のSoftware UpdateアプリケーションやAppleのダウンロードサイトからは入手できない。iTunesがAppleのアップデートを自動チェックし、ダウンロードする。設定によって、アップデートが検出されるまでに1週間かかる場合もある。iTunesの「Check for Update」ボタンを押すことにより、手動でアップデートすることも可能。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?