マイクロソフト、Vista Compatibility Centerを開設

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月14日 12時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのVista Compatibility Centerについて、私がこれまで厳しい意見を述べてきたことは間違いないので、今回は同サイトが米国時間7月11日朝に開設されたことをお伝えしておこう。

 現在はベータ版の同サイトには、およそ9000種類のハード、ソフトウェアのリストと、それらとVistaとの互換性が掲載されている。Microsoftは当初、同サイトを8日に開設する予定だったが、いくつかの詳細不明の問題に直面した。

 Microsoftは、Vistaに対する肯定的な意味での注目を促し、Vistaが間もなくOSの主流になるということを消費者と小規模企業の両者にアピールすべく、広範な取り組みを行っており、Vista Compatibility Centerもその一環だ。またMicrosoftは、特に中小企業に対しVistaの技術サポートを無料で提供するサービスも開始した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから