またもやMSがヤフーに買収オファー:その真意は何か?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年07月15日 05時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者は「MicroHoo」に関する投稿を最小限にとどめようとしている。駆け引きと現実を区別するのが難しいためだ。

 しかし、この週末の最新のやりとり――MicrosoftはまたもやYahooの検索ビジネスの買収をオファーしたが、YahooはMicrosoftがYahoo全部を取得するオファーをもって出直すように説得しようとしていた――について考え耽った後、この取引全体に対する最初の疑問が舞い戻ってきた。いったいなぜMicrosoftはYahooを欲しがるのか?(あるいは、現時点ではもっと正確にいうと、Yahooの検索ビジネスを、である。MicrosoftがYahoo全部を求めている時期は幸いにも過ぎ去ったようであるためだ。)

アップデート:やりとりといえば、Yahooと投資家のCarl Icahn氏との間で起こったことについてMicrosoftの見解はこうである。これは(予想通り)Yahooの見解とはだいぶ違う。言うまでもなくIcahnの見解ともだいぶ違う。

 最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏はMicrosoftのLive Searchへの取り組みがトントン拍子だと主張しているにもかかわらず、MicrosoftがYahooを欲しがる理由のひとつは明らかに、Microsoftがコンシューマー検索シェアを10%程度以上に伸ばすことができないためである。しかしそれ以外になぜMicrosoftはYahooを欲しがる、あるいは必要だと思っているのか?

 Ballmer氏とMicrosoftはもはや、Yahooのブレーンを求めているとは言っていない(それはよいことである。Yahooのトップタレントのますます多くが解雇されているか、逃げたか、逃げる準備をしているからだ)。Microsoftもまた、Yahooと勢力を組み合わせることで達成できるバックエンドインフラのシナジーについては触れていない。むしろBallmer氏が先週のWorldwide Partner Conferenceで率直に述べたとおり、結局のところ広告に関わる話なのだ。

 「顧客が増えれば増えるほど、実際のところ、良い広告主を得ることができる。良い広告主と人々は実際に検索の際にみられる広告が好きだ。広告が嫌われる場所は数多いのに、検索の場合は広告がその体験を実際に助けている。だからわれわれのボリュームとYahooのボリュームを組み合わせれば、それは良いことに違いない、という発想なのである。」

 読者はどう考えるか?Microsoftは本当にYahooの検索ビジネスを取得したいのだろうか?それともMicrosoftが繰り返すオファーは、単に報復をねらったMicrosoft風の強硬姿勢で、最終的にはYang氏がいないYahooを激安価格で買い上げようという魂胆があるのか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!