IPアドレスと地域ターゲティング広告(ZDNet Japanブログより)

サイバーエリアリサーチ 2008年07月18日 19時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回に引き続き、ユーザーの地域ごとにWebサイトを切り換える「エリアターゲティング」についてお届けします。

■なぜエリアごとにターゲティングをするの?

 地域と結びつけた情報の検索は、最高で全検索の40%を占めるとの推計もあります。この数字は、地域とインターネットが密接に結びついていることを示していると言えるでしょう。

 したがって、エリアターゲティングによる地域別の情報発信は数秒のチャンスをものにして、見込み客を最大限に取り込むことに役立つのです。実際にあるグローバルサイトでは、ランディングページをユーザーの母国語に切り換えただけで、離脱率が最大70%も低下したということです。

全文はこちら--「「ズームイン!IPアドレス」ちょっとドメインも」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから