インテル、プロセッサを最大31%値下げ

文:Brooke Crothers(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年07月23日 11時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 値下げしたプロセッサの数、割合には限りがあるが、Intelはプロセッサの価格を最大31%引き下げた。

 デスクトップ向けの「Core 2 Duo E8500」(3.16GHz)は、最も値下げ率が大きく、米国時間7月20日付の新しい価格表では、266ドルから183ドル(31%)になった。

 次に値下げ率が大きかったのは、デスクトップ向けの「Core 2 Duo E7200」(2.53GHz)で、133ドルから113ドルと、15%引き下げられた。

 そのほか値下げされた中には、人気のクアッドコアプロセッサ「Q6600」(2.4GHz)があり、224ドルから193ドルと、14%値下げされた。さらに、デスクトップ向けの「Core 2 Duo E8400」(3GHz)も11%値が下げられ、183ドルから163ドルになった。

 また、「Xeon」サーバプロセッサも値下げされた。「X3220」(2.40GHz)は224ドルから12%値が下がり、198ドルになった。「X3210」(2.13GHz)にも同じ値下げ率が適用され、一方、「E3110」(3GHz)は11%の値下げにより、188ドルから167ドルになった。

 「QX9775」(3.2GHz、1499ドル)などのQX「Extreme」プロセッサの価格については、「Centrino 2」モバイルプロセッサが発表された15日付の価格表からの変更はなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!