グーグル社員、「App Engine」でPerl対応を目指すプロジェクトを明らかに

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月24日 15時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの開発者が、ウェブアプリケーションのホスティングサービス「Google App Engine」をプログラミング言語「Perl」に対応させようとしている。だが、現時点では正式なサポートではないようだ。

 Perlのサポートは、Google社員であるBrad Fitzpatrick氏のプロジェクトである。Fitzpatrick氏はこのプロジェクトについて、米国時間7月22日に自身のブログで明らかにした。だが、Fitzpatrick氏は、自分はApp Engineチームのメンバーではなく、GoogleはPerlのサポートを約束しているわけではないと強調している。

 Fitzpatrick氏は、「私は(Googleに勤務するそのほかのPerlハッカーとともに)、われわれの20%プロジェクトを公にしてよいという許可を得た。ぜひ、そのほかのPerlハッカーにも手伝ってほしい」と述べている(Googleは、開発者が就業時間の20%を個人的な開発にあてることを許可している)。

 「GoogleではPerlは主流の言語ではないので、これまでのようにPerlでプログラムを書くことはなかった。だが、私は自分個人のウェブアプリケーションをApp Engineで動かしたく、その際はPerlでプログラムを書きたいのだ」(Fitzpatrick氏)

 GoogleはApp Engineに新しい言語を加える計画だが、具体的なことは明らかにしていない。Perlは、App Engineに対応してほしい言語としては、Java、PHP、Rubyに次いで4番目に要求が多い

 詳細なロードマップやApp EngineがPerlに完全対応するためにFitzpatrick氏が必要だと思っていることなどは同氏の投稿を参照してほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?