インフォア、プロセス製造企業向けに特化したSCMソリューション3製品を提供開始

CNET Japan Staff 2008年07月24日 18時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ(インフォア)は7月24日、食品・飲料メーカー、ビールメーカー、化粧品メーカーといったプロセス製造業向けサプライチェーン管理(SCM)ソリューション3製品の日本語版での提供を開始すると発表した。出荷開始は8月1日。

 今回発表されたのは、需要管理を行う「Infor SCM Demand Planning」、SCM計画を行う「Infor SCM Advanced Planner」、生産スケジューリングを行う「Infor SCM Advanced Scheduler」の3製品。これらは、同社がプロセス製造を行う企業向けに提供している統合型業務ソリューションスイート「Infor Process Essentials」の一部という。

 いずれの製品も、プロセス製造における独特の業務に対応する。例を挙げると、Advanced Plannerでは、設備能力や原材料の供給可用性、労働力などの条件に加え、賞味期限の考慮、変化するレシピの最適化、ブレンドや成形の最適化と言った制約を含めたプランの立案が可能なほか、Advanced Schedulerでは、プラントの制約条件、タンクの組み替え、一時保管などを考慮したバッチ処理と連続フロー処理、生産順序に関するトレードオフ、在庫寿命・消費期限の問題などの要因をモデル化することが可能という。さらに、需要予測を行うAdvanced Plannerを含め、製品相互の緊密な連携が可能な点が特長という。

 各製品は個別での導入も可能。参考価格は最小構成の場合、Infor SCM Demand Planningが約2500万円より、Infor SCM Advanced Schedulerが約1000万円より、Infor SCM Advanced Plannerが約2000万円より。

Infor SCM Advanced Scheduler 画面は、プロセス製造に独特な制約条件を考慮したスケジューリングを行える「Infor SCM Advanced Scheduler」。シリーズ他製品との連携も可能だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?