USBキーで自宅PCをシンクライアント化するサービス提供--日立ソフト

田中好伸(編集部) 2008年07月24日 20時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトは7月24日、USBキーを使って自宅PCをシンクライアント化して、社内システムへアクセスできるサービス「在宅勤務向けシンクライアントソリューション」の提供を開始したことを発表した。1人あたり月額1890円となっている。

 在宅勤務向けシンクライアントソリューションは、日立ソフトが提供する「SecureOnline統制IT基盤サービス」を利用して、ユーザー企業は新しく設備投資せずにシンクライアント環境を実現するというもの。SecureOnline統制IT基盤サービスは、仮想マシンやOS、各種ミドルウェア、各種ツールからなるIT基盤とその運用を提供するサービスだ。

 ネットワーク接続環境をSecureOnlineであらかじめ用意していることから、在宅勤務者はUSBキー1個を自宅PCに差し込むだけで、公衆のネット回線からSecureOnlineを経由して、社内システムにアクセスできる。データのアップロード、ダウンロードができないことから、社内データの外部への流出を防ぐことができるという。

 在宅勤務向けシンクライアントソリューションは1社あたりの月額基本料金が1万5750円、1人あたりの月額基本料金が1890円。新規にSecureOnlineを利用するユーザー企業は、VPNネットワーク接続サービスが必要となる。

イメージ図 在宅勤務用シンクライアントの利用イメージ図
※クリックすると画像が大きく表示されます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR