「HyperCard」のような「TileStack」、「iPhone」版が登場

文:Josh Lowensohn(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年07月31日 14時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先の「TileStack」サービスに関するニュースでは、「iPhone」用に最適化されたバージョンがまもなく登場すると報道したが、米国時間7月29日、iPhone版TileStackがリリースされた。なかなかすばらしいウェブアプリケーションだ。iPhoneのネイティブアプリケーションについていろいろ言われているが、iPhoneのプラットフォームは「Safari」であるということは忘れられがちであり、TileStackはまだやれることがあることを示す好例となっている。

 TileStackでは、保存されているすべてのTileStackにアクセスし、小さなミニアプリケーションのように使うことができる。自分のスタックにアクセスし、編集できる。編集された内容は、次にiPhoneからアクセスしたときや、いつものコンピュータからアクセスしたときに反映される。また、他の人たちのスタックを見て回り、アクセスすることもできる。まさにシンプルだ。

 ただし、標準のウェブ版にある完全な編集、作成環境は用意されていないため、iPhoneから新しいスタックを作成することはできない。このような欠点は、iPhone、「iPod touch」のネイティブアプリケーション以外ではあまり見られないものだ。

 TileStackは今のところプライベートベータ版で提供されているため、利用するには登録が必要だ。今のところ、以下の動画でTileStackの動作をチェックできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR