マイクロソフト、SQL Server 2008日本語版の提供を開始

CNET Japan Staff 2008年08月01日 17時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは8月1日、データベース製品の最新版「Microsoft SQL Server 2008日本語版」のボリュームライセンスでの提供を開始したと発表した。パッケージ製品については9月19日より販売が開始される。

 「SQL Server 2008」は、マイクロソフトが「Windows Server 2008」「Visual Studio 2008」とともに今後の企業向け戦略の中核に位置づける製品。発表会に出席したマイクロソフト、執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏は、既に149社、195のアプリケーションが既にSQL Server 2008への対応を表明していることを発表した。この対応アプリケーション数は前バージョンであるSQL Server 2005のリリース時と比べ1.5倍という。

 加えて、パートナー各社の技術者育成施策の強化の一環として、CSK Winテクノロジの執行役員CTOである熊沢幸生氏を技術顧問として招請したことが発表された。SQL Serverを中心としたデータベース関連プロジェクトに多数携わってきた同氏の実務経験を生かして、トレーニングプログラムや商談支援活動を行っていくとし、Windows Server 2008のリリース時と同様、今回も業界を挙げての「インダストリ(業界)ローンチ」であることを印象づけた。

 SQL Server 2008の製品ラインアップには、従来からの「Enterprise」「Standard」「Workgroup」の3つのエディションに加え、新たに「Web」エディションが追加される。これはインターネット上で公開されるウェブサイトでの利用に特化したエディションとなっており、Standardと同等の機能(最大4CPU、メモリおよびDB容量は無制限)を、より低価格で提供するというもの。オープンソース系の製品が強いウェブシステムへ食い込むことを狙ったエディションであり、マイクロソフト業務執行役員本部長サーバープラットフォームビジネス本部の五十嵐光喜氏は、この戦略を「LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)を、WISA(Windows、IIS、SQL Server、ASP.NET)で置き換えたい」と表現する。

 また、同社の仮想化技術「Hyper-V」へも対応。Enterprise版で利用する場合、物理環境のライセンスを購入すれば、仮想環境に対してはライセンス上無制限にインストールを可能としている。こうしたライセンスモデルによる価格優位性を武器に、ウェブシステムからエンタープライズまでの幅広い用途に対し、SQL Server 2008を訴求していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR