アップル「FileVault」の脆弱性公開がキャンセルに--Black Hatカンファレンス

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年08月04日 11時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガスでのBlack Hatセキュリティカンファレンス開催数日前、Appleの暗号化システム「FileVault」に関する講演を計画していた人物が突然、予定をキャンセルした。

 318 Inc.の技術担当ディレクターで研究者のCharles Edge氏はWashington Postに対し、Appleと秘密保持契約を交わしたと述べている。契約では、Edge氏は、FileVaultで見つけた脆弱性について、これ以上情報を公開できないことになっている。同氏は過去にBlack HatやDefConなどのカンファレンスで講演した経験がある。

 ベンダーがセキュリティ研究者に、Black Hatでの講演をしないように依頼するのは、今回が初めてではない。

 2005年には、当時ISSの研究者だったMichael Lynn氏がCiscoから、ルータの脆弱性について情報を口外しないよう勧告された。しかし、同氏は職を辞めてまで講演を敢行した。しかし、Lynn氏ものちに、Ciscoと秘密保持契約を締結している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから