「Firefox 3.1」ベータ版リリースは8月19日を目標に--「HTML5」をサポート

文:Karen Friar(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦 2008年08月07日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Firefox」の開発者は、8月に次のバージョンのベータ版を公開するという目標に向け、作業に取り組んでいる。

 「MozillaWiki」に掲載された開発スケジュールによれば、Firefoxのプロジェクトチームは、新版の仕様を凍結(フリーズ)して、「Firefox 3.1」のベータテスト版を公開する目標期日を米国時間8月19日と定めたという。しかし、この開発スケジュールでは、8月19日という日付が見込みである旨も注記されている。

 MozillaWiki掲載の機能一覧によれば、Firefox 3.1では、オープンソースのオーディオコーデック「Ogg Vorbis」およびビデオコーデック「Ogg Theora」に対するネイティブサポートが追加される見通しだ。また、新版ではこのほかに「HTML5」がサポートされるもようで、これによりFirefox 3.1では音声および動画のhtmlタグが機能するようになる。

 開発者のChris Double氏は、自身のブログに次のように書いている。「バックエンドをメインのMozillaのソースコードに組み込む作業に取り組んできて、今回デフォルトで使用可能になった。今回初めて組み込んだが、これはまだ改良中だ。まだ実装していない箇所やバグなどもあり改善していかなければならない。しかしこれは、すべてのプラットフォームに共通のコーデックを使用する第一歩であり、3.1の正式リリースに向けて改善されていくだろう」

 オープンソースブラウザであるFirefoxの正式版としては最新のものとなる「Firefox 3」は6月17日にリリースされ、リリース後わずか24時間で800万件以上のダウンロードを記録して、世界記録を樹立した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?